最近ではプライベートでプリンターを使う人も珍しくありません。ましてオフィスでは、プリンターを使わない日はまずないでしょう。それだけ便利なものではありますが、プリンターには決して無視することのできないコストがかかります。消耗品であるトナーがそれです。

トナープリンター本体は、以前ほど高価なものではなくなりました。しかしメーカーは、本体を安くした分を、消耗品であるトナーの売上で補うことがあるといわれています。そのため、割高になる純正品を避けて、リサイクルトナーと呼ばれる再生品を使う企業も見られるようになりました

しかし純正品ではないものを使うとなると、気になるのはその品質です。安いトナーを使ったものの、プリンターが壊れたでは下も子もありません。また印刷が、純正品ほどでなくとも、それなりに使用に耐えうるものかどうかも気がかりです。リサイクルトナーを使う会社は今では少なくはありませんが、こうした懸念があるために、未だ使用に踏み切れていない会社も中にはあることでしょう。

このサイトでは、リサイクルトナーのメリットとデメリットについてご説明しています。特に、リサイクルトナーを使う上で気になる品質やプリンターへの影響について、詳しく調べました。

また、リサイクルトナーを使う会社のほとんどが、通販を利用していますが、その際の業者選びについても述べています。業者を選ぶポイントとは何か、リサイクルトナーの使用を検討中の方は、ぜひご覧になってください。