コピー機プリンターに使うトナーの経費削減を考えるとき、一番に思いつくのがリサイクルトナーの使用です。しかし純正品でないものを使って、プリンターに影響が出ないかどうか気になる人もいるでしょう。ほとんどのプリンターでは、トナー交換の際に純正品の使用をすすめるコメントが表示されます。

純正品よりカートリッジに不具合が出る確率は高い。その点は、確かにリサイクルトナーのデメリットではあります。しかし純正品で出る不具合の確率が1~2%であるのに対し、リサイクルトナーは2~3%といわれています。この程度の差であれば、値段が安いリサイクルトナーを使おうと考える人も多いのではないでしょうか。

実際に、リサイクルトナーの価格は安く、ほとんどの場合は純正品の半額以下、特に安いものでは1割程度といったものもあります。トナーが消耗品であり、コストが恒常的であることを考えると、その差は決して小さくありません。

また不具合に関して言えば、リサイクルトナー業者のほとんどは、品質についても充実した保証をつけています。不具合があった場合の返金、交換はもちろん、トナーが原因でプリンターが故障した際には修理費を負担してくれる会社もあります。リサイクルトナーを使用することに、不安を感じる必要はありません。

参考http://toner-p.com/
品質保証期間やプリンター本体保証制度のあるリサイクルトナー通販「トナプロ」です。