リサイクルトナー通販


リサイクルトナーのメリットは、圧倒的に安いコストにあります。経費を削減するために、純正品からの交換を検討中の会社もあることでしょう。その際にぜひ考えていただきたいのが、リサイクルトナーをどの会社から購入するかという点です。

トラック多くの会社は、リサイクルトナーを通販で購入しています。24時間いつでもオーダーができ、会社まで運んでもらえるのが通販の便利な点です。しかし注文してから、発送までに時間がかかりすぎるようでは、そのメリットも活かされません。通販業者を選ぶときには、納品までのスピードを必ず確認しましょう。

また、品質保証についても、なるべく充実した業者を選ぶことが大切です。リサイクルトナーの不具合が起きる確率は2%から3%、大きな数字ではありませんが、万が一のことを考えないわけにはいきません。

多くのリサイクルトナー業者は、トナーの不具合に関して、返金、交換で対応しています。特に、トナー本体に連絡先の記載がある会社は、対応が早いので参考にしてください。また、プリンター本体が壊れた場合の対応についても確認が必要です。
良心的な業者では、プリンターの故障については、修理費負担という形での保障を約束しています。それだけ品質に自信があるということでしょう。ほとんどの場合、プリンターが壊れるまでの不具合はみられませんが、やはり保証は充実しているほうが安心です。

リサイクルトナーを使おう


コピー機プリンターに使うトナーの経費削減を考えるとき、一番に思いつくのがリサイクルトナーの使用です。しかし純正品でないものを使って、プリンターに影響が出ないかどうか気になる人もいるでしょう。ほとんどのプリンターでは、トナー交換の際に純正品の使用をすすめるコメントが表示されます。

純正品よりカートリッジに不具合が出る確率は高い。その点は、確かにリサイクルトナーのデメリットではあります。しかし純正品で出る不具合の確率が1~2%であるのに対し、リサイクルトナーは2~3%といわれています。この程度の差であれば、値段が安いリサイクルトナーを使おうと考える人も多いのではないでしょうか。

実際に、リサイクルトナーの価格は安く、ほとんどの場合は純正品の半額以下、特に安いものでは1割程度といったものもあります。トナーが消耗品であり、コストが恒常的であることを考えると、その差は決して小さくありません。

また不具合に関して言えば、リサイクルトナー業者のほとんどは、品質についても充実した保証をつけています。不具合があった場合の返金、交換はもちろん、トナーが原因でプリンターが故障した際には修理費を負担してくれる会社もあります。リサイクルトナーを使用することに、不安を感じる必要はありません。

参考http://toner-p.com/
品質保証期間やプリンター本体保証制度のあるリサイクルトナー通販「トナプロ」です。

リサイクルトナーとは


最近ではプライベートでプリンターを使う人も珍しくありません。ましてオフィスでは、プリンターを使わない日はまずないでしょう。それだけ便利なものではありますが、プリンターには決して無視することのできないコストがかかります。消耗品であるトナーがそれです。

トナープリンター本体は、以前ほど高価なものではなくなりました。しかしメーカーは、本体を安くした分を、消耗品であるトナーの売上で補うことがあるといわれています。そのため、割高になる純正品を避けて、リサイクルトナーと呼ばれる再生品を使う企業も見られるようになりました

しかし純正品ではないものを使うとなると、気になるのはその品質です。安いトナーを使ったものの、プリンターが壊れたでは下も子もありません。また印刷が、純正品ほどでなくとも、それなりに使用に耐えうるものかどうかも気がかりです。リサイクルトナーを使う会社は今では少なくはありませんが、こうした懸念があるために、未だ使用に踏み切れていない会社も中にはあることでしょう。

このサイトでは、リサイクルトナーのメリットとデメリットについてご説明しています。特に、リサイクルトナーを使う上で気になる品質やプリンターへの影響について、詳しく調べました。

また、リサイクルトナーを使う会社のほとんどが、通販を利用していますが、その際の業者選びについても述べています。業者を選ぶポイントとは何か、リサイクルトナーの使用を検討中の方は、ぜひご覧になってください。